ガス漏れ警報機をご存じですか?

ガス漏れ警報機をご存じですか?

万が一のガス漏れ事故や火災を素早くお知らせ!警報器で安全・安心。

“ガスが漏れたら大変!”ちょっとしたミスから大きな事故にならないように、
ガス漏れをブザーとランプでお知らせするガス漏れ警報器がお役に立ちます。
家族みんなの安全・安心のために、警報器を取り付けましょう。
ガス警報器と火災警報器のセットがさらにお得です。
※機種(型式)及び価格は、平成26年4月1日現在のため、変更になる場合がございます。

ガス警報器・火災警報器 ラインナップ

都市ガス用・家庭用 火災・ガス漏れ複合型警報器

 

火災ガス漏れ不完全燃焼

「火災」「ガスもれ」「不完全燃焼」一台3役

家庭用・業務用兼用 LPガス警報器

 

ガス漏れ

「空気より重いガス」を感知

家庭用 火災警報器

 

火災

「けむり」を感知

住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

消防法の改正により、平成18年6月1日以降の新築住宅はすべて設置義務となっております。既築住宅においても、平成20年6月1日より三重県内全市町村において設置義務化となりました。

住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

ガス警報器の正しい取付位置は?

都市ガス警報器の場合(軽比重ガス)

  1. 天井より23〜30cm以内の高さに取付けます。
  2. ガス機器から8m以内に取付けます。
  3. ガス機器と同じ部屋に取付けます。
  4. もれたガスが溜まりやすい場所に取付けます。
  5. 点検しやすい場所に取付けます。

LPガス警報器の場合

  1. 床面より30cm以内の高さに取付けます。
  2. ガス機器から4m以内に取付けます。
  3. ガス機器と同じ部屋に取付けます。
  4. もれたガスが溜まりやすい場所に取付けます。
  5. 点検しやすい場所に取付けます。

警報器の正しい使い方は?

電源プラグを絶対に抜かない!

電源プラグが抜かれていたため、ガスもれが感知されず、発見が遅れたり、事故が拡大したケースがあります。電源プラグは常時コンセントに差し込んでおきましょう。

 

警報器のまわりはスッキリと!

警報器のまわりにものを置いていると、ガスもれを感知しにくくなります。警報器のまわりにものを置かないようにしましょう。

 

  • ガス警報器の有効期間は5年です。
  • お取り付けした警報器は、すべて弊社にて個別に登録・管理いたしますので、有効期間切れ近くになりましたら、取替えのお知らせをいたします。
  • 販売は弊社ガスをお使いいただける方に限らせていただきます。

※お問い合わせは名張近鉄ガスお客様サービスチームまで