沿革

1961年 12月 近畿日本鉄道株式会社による名張市桔梗が丘の住宅地開発に伴い、同地域にガス供給を行う為、同市東町に近鉄エル・ピー・ガス株式会社として設立。本社営業所とガス設備を建設し、既成市街地にガス供給を開始。
1965年 1月 桔梗が丘営業所を現在の本社所在地に開設し、ガス製造設備を設置。桔梗が丘住宅地にガス供給を開始。
1967年 5月 液化石油ガス(プロパンガス)の販売を開始。
1968年 6月 オートガスの充填、販売を開始。
1972年 9月 本社を桔梗が丘に移転し、営業を開始。
1974年 2月 社名を名張近鉄ガス株式会社に変更。
1975年 12月 簡易ガス事業を開始。
1980年 11月 八幡・三ッ池工業団地に工業用ガスの供給を開始。
1994年 1月 “志摩スペイン村”に集中監視装置によるプロパンガス供給を開始。
9月 新事業所用地(現八幡製造所)に球形ガスホルダー(5,000m3)が完成。
1996年 3月 八幡製造所に製造設備とプロパンガス充填所を移設。
1999年 6月 花吉野ガーデンヒルズ簡易ガス事業開始およびリビングサービスを開設。
2002年 3月 大阪ガス株式会社の資本参加により、大阪ガスグループの一員となる。
2004年 6月 八幡製造所にLNGサテライトプラントが完成。
2004年 7月 八幡工業団地に天然ガスの供給を開始。
2005年 6月 都市ガス供給区域の天然ガス転換が完了。
2009年 6月 近鉄名張駅前「ナバリエ」に「体感ふれあいプラザ」オープン。
2009年 11月 LNGサテライトプラントの増設LNG貯槽完成。
2011年 12月 創立50周年を迎える。
2013年 2月 天然ガスを45MJに熱量変更。
2013年 9月 太陽光発電事業開始。